インターネットの個人利用者による名誉毀損

(平成22年3月15日最高裁)

事件番号  平成21(あ)360

 

この裁判では、

インターネットの個人利用者による名誉毀損と

摘示事実を真実と誤信したことについての相当の理由について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

個人利用者がインターネット上に掲載したものであるからといって,

おしなべて,閲覧者において信頼性の低い情報として

受け取るとは限らないのであって,

相当の理由の存否を判断するに際し,これを一律に,

個人が他の表現手段を利用した場合と区別して考えるべき根拠はない。

 

そして,インターネット上に載せた情報は,

不特定多数のインターネット利用者が瞬時に閲覧可能であり,

これによる名誉毀損の被害は時として深刻なものとなり得ること,

一度損なわれた名誉の回復は容易ではなく,

インターネット上での反論によって十分にその回復が図られる保証が

あるわけでもないことなどを考慮すると,

インターネットの個人利用者による表現行為の場合においても,

他の場合と同様に,行為者が摘示した事実を

真実であると誤信したことについて,

確実な資料,根拠に照らして相当の理由があると認められるときに限り,

名誉毀損罪は成立しないものと解するのが相当であって,

より緩やかな要件で同罪の成立を否定すべきものとは解されない

(最高裁昭和41年(あ)第2472号同44年6月25日大法廷判決・

刑集23巻7号975頁参照)。

 

これを本件についてみると,原判決の認定によれば,

被告人は,商業登記簿謄本,市販の雑誌記事,

インターネット上の書き込み,加盟店の店長であった者から

受信したメール等の資料に基づいて,

摘示した事実を真実であると誤信して

本件表現行為を行ったものであるが,

このような資料の中には一方的立場から

作成されたにすぎないものもあること,

フランチャイズシステムについて記載された

資料に対する被告人の理解が不正確であったこと,

被告人が乙株式会社の関係者に事実関係を確認することも

一切なかったことなどの事情が認められるというのである。

 

以上の事実関係の下においては,被告人が摘示した事実を

真実であると誤信したことについて,

確実な資料,根拠に照らして相当の理由があるとはいえないから,

これと同旨の原判断は正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク