クラブ活動中の落雷事故の引率者兼監督の教諭の注意義務

(平成18年3月13日最高裁)

事件番号  平成17(受)76

 

この裁判は、

高等学校の生徒が課外のクラブ活動としてのサッカーの試合中に

落雷により負傷した事故について引率者兼監督の教諭に

落雷事故発生の危険が迫っていることを予見すべき

注意義務の違反があるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

教育活動の一環として行われる学校の課外のクラブ活動においては,

生徒は担当教諭の指導監督に従って行動するのであるから,

担当教諭は,できる限り生徒の安全にかかわる事故の危険性を

具体的に予見し,その予見に基づいて当該事故の発生を

未然に防止する措置を執り,クラブ活動中の生徒を

保護すべき注意義務を負うものというべきである。

 

前記事実関係によれば,落雷による死傷事故は,

平成5年から平成7年までに全国で毎年5~11件発生し,

毎年3~6人が死亡しており,また,

落雷事故を予防するための注意に関しては,

平成8年までに,本件各記載等の文献上の記載が多く

存在していたというのである。

 

そして,更に前記事実関係によれば,

A高校の第2試合の開始直前ころには,

本件運動広場の南西方向の上空には黒く固まった暗雲が立ち込め,

雷鳴が聞こえ,雲の間で放電が起きるのが目撃されていたというのである。

 

そうすると,上記雷鳴が大きな音ではなかったとしても,

同校サッカー部の引率者兼監督であったB教諭としては,

上記時点ころまでには落雷事故発生の危険が迫っていることを

具体的に予見することが可能であったというべきであり,また,

予見すべき注意義務を怠ったものというべきである。

 

このことは,たとえ平均的なスポーツ指導者において,

落雷事故発生の危険性の認識が薄く,雨がやみ,空が明るくなり,

雷鳴が遠のくにつれ,落雷事故発生の危険性は減弱するとの認識が

一般的なものであったとしても左右されるものではない。

 

なぜなら,上記のような認識は,

平成8年までに多く存在していた

落雷事故を予防するための注意に関する

本件各記載等の内容と相いれないものであり,

当時の科学的知見に反するものであって,

その指導監督に従って行動する生徒を保護すべき

クラブ活動の担当教諭の注意義務を免れさせる

事情とはなり得ないからである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク