ロス疑惑銃撃事件

(平成15年3月5日最高裁)

事件番号  平成10(あ)1097

 

最高裁判所の見解

検察官の上告趣意のうち,

訴因変更の手続の要否について判例違反をいう点は,

事案を異にする判例を引用するものであるから,

本件に適切でなく,その余は,判例違反をいう点を含め,

実質は単なる法令違反,事実誤認の主張であって,

刑訴法405条の上告理由に当たらない

(なお,所論にかんがみ記録を精査しても,

被告人が氏名不詳者と共謀の上Aを殺害したと認めるには

なお合理的な疑いが残るとした原判決の判断は,

是認することができる。)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク