上告が上訴権の濫用に当たるとされた事例

(平成6年4月19日最高裁)

事件番号  平成5(行ツ)180

 

最高裁判所の見解

特許出願の拒絶査定を是認する審決に対し取消訴訟が提起され、

その係属中に特許出願の取下げがされると、

その審決で審判の対象となった特許出願自体が初めから

存在しなかったことになるのであるから、

特許出願人は、右審決の取消しを求めるにつき

法律上の利益を失うに至るものである。上告人は、

前示のとおり、原判決の言渡し後に

特許出願を取り下げることにより、

自らこのような状態を現出させた上で、

訴えの利益を失ったことを理由として、

原判決を破棄して訴えを却下することを求めて

本件上告をしたものであるが、このような上告は

上訴制度の本来予定しないところであって、

本件上告は、上訴権の濫用に当たるものとして不適法であり、

その欠缺を補正することができないものというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク