不正アクセス行為の禁止等に関する法律8条1号の罪と私電磁的記録不正作出罪

(平成19年8月8日最高裁)

事件番号  平成19(あ)720

 

この裁判では、

不正アクセス行為の禁止等に関する法律8条1号の罪と

私電磁的記録不正作出罪との罪数関係について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

不正アクセス行為の禁止等に関する法律3条所定の

不正アクセス行為を手段として

私電磁的記録不正作出の行為が行われた場合であっても,

同法8条1号の罪と私電磁的記録不正作出罪とは,

犯罪の通常の形態として手段又は結果の関係にあるものとは認められず,

牽連犯の関係にはないと解するのが相当であるから,

本件につき両者を併合罪の関係にあるものとして

処断した原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク