人身保護法に基づく幼児の引渡請求

(平成6年7月8日最高裁)

事件番号  平成6(オ)761

 

最高裁判所の見解

原審の適法に確定した事実関係の下において、

上告人(拘束者)が調停委員会の面前で

その勧めによってされた合意に反して被拘束者らの拘束を継続し、

被拘束者らの住民票を無断で上告人の

住所に移転したことなどの事情にかんがみ、

本件拘束には、人身保護法二条、人身保護規則四条に規定する

顕著な違法性があるものとした原審の判断は、

正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。

 

所論引用の判例は、事案を異にし本件に適切でない。

論旨は、独自の見解に立って原判決を非難するものにすぎず、

採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク