仮差押命令により保全される債権の範囲

(平成24年2月23日最高裁)

事件番号  平成23(受)268

 

最高裁判所の見解

保全命令は,一定の権利関係を保全するため,

緊急かつ必要の限度において発令されるものであって,

これによって保全される一定の権利関係を疎明する資料についても

制約があることなどを考慮すると,仮差押命令は,

当該命令に表示された被保全債権と異なる債権についても,

これが上記被保全債権と請求の基礎を同一にするものであれば,

その実現を保全する効力を有するものと解するのが相当である

(最高裁昭和25年(オ)第63号同26年10月18日

第一小法廷判決・民集5巻11号600頁参照)。

 

そうすると,債務者に対する債務名義を取得した仮差押債権者は,

債務名義に表示された金銭債権が

仮差押命令の被保全債権と異なる場合であっても,

上記の金銭債権が上記の被保全債権と

請求の基礎を同一にするものであるときは,

仮差押命令の目的財産につき他の債権者が

申し立てた強制執行手続において,

仮差押債権者として配当を受領し得る

地位を有しているということができる

 

前記事実関係等によれば,本件仮差押命令の被保全債権である

本件損害賠償債権は,債務者であるAが債権者である

上告人に無断で担保物件を取り壊したことにより,

本件貸金債権の回収が困難になり,本件貸金債権相当額を含む

損害を被ったことを理由とするものであるから,

本件貸金債権の発生原因事実は,本件損害賠償債権の

発生原因事実に包含されていることが明らかである。

 

そうすると,本件貸金債権に基づく請求は,

本件損害賠償債権に基づく請求と,

請求の基礎を同一にするものというべきである。

 

以上によれば,本件仮差押命令の被保全債権である

本件損害賠償債権に基づく上告人のAに対する請求を

棄却する判決が確定しているとしても,上告人は,

本件貸金債権に基づくAに対する請求を認容する

確定判決を取得しているのであるから,

本件供託金取戻請求権につき被上告人が

申し立てた強制執行手続において,

本件仮差押命令の債権者としての地位に基づき

配当を受領し得る地位を有しているというべきである。

 

よって,上告人は,本件配当表における他の差押債権者である

被上告人の配当額を否定することにより

自己の配当額を増加させ得る立場にあり,

本件訴えにつき訴えの利益がある。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク