保釈請求却下の裁判に対する準抗告棄却決定に対する特別抗告事件

(平成13年1月15日最高裁)

事件番号  平成13(し)3

 

最高裁判所の見解

原決定は,保釈請求却下の裁判に対する

申立人の準抗告を棄却するに当たり,

その理由において,

「本件は,被告人が共同被告人4名及び他の共犯者らと

共謀の上,法定の除外事由がないのに,

北海道知事の許可を受けないで,

かにかごを使用してけがに約1トンを採捕したという事案である」

とした上で,これを前提として,

組織的に敢行された密漁という本件の罪質等を考慮し,

刑訴法89条4号所定の事由が認められ,

裁量により保釈すべき事情も認められないとしている。

 

しかし,記録によれば,申立人は,

「平成12年9月28日ころ,

北海道釧路市ab番地のc所在のA株式会社において,

Bから,同人らが,法定の除外事由がないのに,

北海道知事の許可を受けないで採捕したものであることの情を知りながら,

けがに約1127キログラムを買い受けてこれを所持した」

との公訴事実(北海道海面漁業調整規則55条1項1号,

42条の3,5条17号)について,

勾留中に起訴されたものであり,

原決定が前提とするような無許可でかにかごを使用して

けがにを採捕した事実について,

勾留され起訴されたことはない。

 

したがって,原決定は,申立人が勾留され

起訴された事実とは異なる事実を前提として,

刑訴法89条4号所定の事由の存否と裁量保釈の当否を判断し,

保釈を求める本件準抗告を棄却したものであるから,

その判断には重大な違法があり,

これを取り消さなければ著しく正義に反するものと認められる。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク