信義誠実の原則

(平成23年2月18日最高裁)

事件番号  平成21(受)216

 

この裁判は、

簡易生命保険契約の保険金受取人が

無断で保険金等の支払を受けた者に対し

不法行為に基づく損害賠償を請求する場合において

上記の者が損害の発生を否認して請求を争うことが

信義誠実の原則に反し許されないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

事実関係によれば,被上告人Y1及び同Y2は,

被上告人Y3から本件保険金等請求権が

上告人に帰属する旨の説明を受けていながら,

上告人に無断で,本件委任状を作成した上,

本件保険金等請求権の支払請求手続を執り,被上告人Y3から

本件委任状の不備を指摘されると,上告人から

委任を受けていることは確かであるとして,

支払手続を進めるよう懇願し,被上告人Y3の指示を受けて

「甲野花子」名義の支払請求書兼受領証を作成するなどして,

本件保険金等の支払を受けたものである。その後,

上告人は,日本郵政公社に本件保険金等の支払を請求したものの拒絶され,

その損害を回復するために本件訴えの提起を余儀なくされた。

 

他方,被上告人Y1及び同Y2が,

依然として本件保険金等請求権は

消滅していないことを理由に損害賠償義務を免れることとなれば,

上告人は,同被上告人らに対する本件保険金等の

支払が有効な弁済であったか否かという,

自らが関与していない問題についての判断をした上で,

請求の内容及び訴訟の相手方を選択し,

攻撃防御を尽くさなければならないということになる。

 

本件保険金等請求権が本来上告人に帰属するものであった以上は,

被上告人Y1及び同Y2は上告人との関係で

本件保険金等を保有する理由がないことは

明らかであるのに,何ら非のない上告人が

このような訴訟上の負担を受忍しなければならないと

解することは相当ではない。

 

以上の事情に照らすと,上記支払が有効な弁済とはならず,

上告人が依然として本件保険金等請求権を有しているとしても,

被上告人Y1及び同Y2が,上告人に損害が発生したことを否認して

本件請求を争うことは,信義誠実の原則に反し

許されないものというべきである

(最高裁平成16年(受)第458号同年10月26日

第三小法廷判決・裁判集民事215号473頁参照)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク