候補者に大場D夫と小林D宏とがある場合に「大場D宏」と記載された投票の効力

(平成5年2月18日最高裁)

事件番号  平成4(行ツ)175

 

最高裁判所の見解

原審の適法に確定するところによれば、

本件選挙の候補者の中に大場D夫と小林D宏がおり、

投票所の記載台に掲示してある候補者名一覧表に記載された

大場D夫の氏名の左隣に小林D宏の氏名が、

それぞれ振り仮名を付した上、並んで掲示されていたというのである。

 

そして、本件係争票のうち「大場D宏」と記載された投票は、

その記載において候補者大場D夫の氏名と

四文字中上位三文字までが合致しており、

わずかに名の第二字が一致しないにすぎないこと、

同票の「D宏」と候補者大場D夫の名である「D夫」は

音感及び外観において類似すること、

同票の「大場」と候補者小林D宏の氏である「小林」とは

類似性がないことにかんがみれば、

原審認定の右状況の下においては、

本件係争票のうち「大場D宏」と記載された投票は、

選挙人が大場D夫に投票する意思をもつて

その名の「夫」の一字を「宏」と誤記したもので、

同人に対する有効投票と認めるのが相当である。

 

また、本件係争票のうち

「大場D(平仮名)ひろ」と記載された投票は、

「大場D宏」の記載の名の部分を

平仮名で記載したものであるにすぎないから、

右と同様に、大場D夫に対する有効投票と認めるのが相当である。

以上と同旨の原審の判断は、正当として

是認することができ、その過程に所論の違法はない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク