手形について除権判決の言渡しがあったこととこれよりも前に当該手形を善意取得した者の手形上の権利

(平成13年1月25日最高裁)

事件番号  平成10(受)562

 

最高裁判所の見解

手形に関する除権判決の効果は,当該手形を無効とし,

除権判決申立人に当該手形を所持するのと同一の

地位を回復させるにとどまるものであって,

上記申立人が実質上手形権利者であることを

確定するものではない(最高裁昭和26年(オ)第424号

同29年2月19日第二小法廷判決・民集8巻2号523頁参照)。

 

手形が善意取得されたときは,当該手形の従前の所持人は,

その時点で手形上の権利を喪失するから,

その後に除権判決の言渡しを受けても,

当該手形を所持するのと同一の地位を回復するにとどまり,

手形上の権利までをも回復するものではなく,

手形上の権利は善意取得者に帰属すると解するのが相当である。

 

加えて,手形に関する除権判決の前提となる

公示催告手続における公告の現状からすれば,

手形の公示催告手続において善意取得者が除権判決の言渡しまでに

裁判所に対して権利の届出及び当該手形の提出をすることは

実際上困難な場合が多く,除権判決の言渡しによって

善意取得者が手形上の権利を失うとするのは

手形の流通保護の要請を損なうおそれがあるというべきである。

 

3 そうすると,被上告人が本件手形について

除権判決の言渡しがされる前に

これを善意取得したとの事実に基づき,

被上告人の上告人に対する手形金請求を認容した

原審の判断は正当として是認することができる。

 

上記判断は所論引用の判例に抵触するものではなく,

原判決に所論の違法はないから,

論旨は採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク