公職選挙法138条1項,239条1項3号の合憲性

(平成14年7月5日最高裁)

事件番号  平成12(あ)1223

 

最高裁判所の見解

上告趣意のうち,憲法21条1項違反をいう点は,

公職選挙法138条1項,239条1項3号が

憲法21条1項に違反しないことは,

当裁判所の判例(昭和43年(あ)第2265号

同44年4月23日大法廷判決・刑集23巻4号235頁)の

趣旨に徴し明らかであるから,所論は理由がない。

 

また,市民的及び政治的権利に関する国際規約違反を主張する点は,

公職選挙法138条1項,239条1項3号が

同規約19条,25条に違反すると解することはできないから,

所論は前提を欠き,その余は,単なる法令違反の主張であって,

刑訴法405条の上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク