公職選挙法249条の2第2項という「通常一般の社交の程度を超えて…寄附をした者」の意義

(平成5年11月15日最高裁)

事件番号  平成5(あ)407

 

最高裁判所の見解

上告趣意は、憲法三一条違反をいうが、

公職選挙法二四九条の二第二項にいう

「通常一般の社交の程度を超えて…寄附をした者」とは、

その寄附にかかる財産上の利益の種類及び価額、

寄附の趣旨、相手方との交際の状況等に照らし、

社会通念上、通常されるであろう程度を超えて

寄附をした者をいうと解するのが相当であって、

同条項の構成要件が所論のようにあいまいで

不明確であるということはできないから、

所論は前提を欠き、刑訴法四〇五条の上告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク