再審請求棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する即時抗告棄却決定に対する特別抗告事件

(平成18年4月24日最高裁)

事件番号  平成18(し)82

 

この裁判では、

即時抗告の申立てを受理した裁判所が刑訴法375条を

類推適用してその申立てを自ら棄却することの可否について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

抗告については,控訴に関する

刑訴法375条に相応する規定がなく,

即時抗告の申立てを受理した裁判所が,

同条を類推適用してその申立てを自ら棄却することは

できないと解するのが相当である。

 

そうすると,同条により原々申立てを棄却した原々決定及び

これを維持した原決定は,法令の解釈適用を誤った

違法があるといわざるを得ない。

 

しかしながら,上記のとおり,

原々申立ては再審請求棄却決定に対する

即時抗告提起期間経過後のものであることが明らかであって,

これを抗告裁判所で採り上げても,不適法なものとして

棄却を免れないことにかんがみると,前記の違法があっても,

原決定及び原々決定を取り消さなければ著しく

正義に反するとまでは認められない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク