刑法105条の2にいう「威迫」の方法

(平成19年11月13日最高裁)

事件番号  平成19(あ)779

 

この裁判では、

刑法105条の2にいう「威迫」の方法について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

刑法105条の2にいう「威迫」には,

不安,困惑の念を生じさせる文言を記載した文書を

送付して相手にその内容を了知させる方法による場合が含まれ,

直接相手と相対する場合に限られるものではないと解するのが相当であり,

これと同旨の原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク