刑法208条の2第1項前段にいう「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義

(平成23年10月31日最高裁)

事件番号  平成21(あ)1060

 

この裁判では、

刑法(平成19年法律第54号による改正前のもの)

208条の2第1項前段にいう

「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」の意義について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

刑法208条の2第1項前段における

「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」

であったか否かを判断するに当たっては,

事故の態様のほか,事故前の飲酒量及び酩酊状況,事故前の運転状況,

事故後の言動,飲酒検知結果等を総合的に考慮すべきである。

 

4 これを本件について見るに,原判決の認定及び記録によれば,

その事実関係は次のとおりである。

 

すなわち,本件は,被告人が,夜間,最高速度が

時速50㎞と指定されている見通しの良いほぼ直線の本件道路において,

時速約100㎞という高速度に自車を加速させて走行させ,

前方を走行する被害車両に自車を衝突させた事案であるところ,

被告人は,本件事故前に,自宅や2軒の飲食店において,

焼酎ロックを合計8,9杯のほか,ブランデーやビールを飲酒し,

身体のバランスを崩して平衡感覚を保ち得ないなどの状態を示していた。

 

被告人は,自ら酔っている旨の発言もし,本件事故前の運転中においても,

同乗者からふだんとは違う高速度の運転であることを指摘されるなどした。

 

本件事故後に臨場した警察官等も,被告人が

相当に酩酊していた状況を現認した。

 

これらの事実によれば,本件事故後の飲酒検知結果等からは

被告人の本件事故当時の血中アルコール濃度は

血液1mℓ 中0.5㎎を上回る程度のものと認定できるにとどまること,

また,被告人は,本件事故現場に至るまでは,約8分間にわたり

道路状況等に応じた運転をしていたこと等を考慮しても,

本件当時,被告人が相当程度の酩酊状態にあったことは明らかである。

 

5 そして,原判決の認定によれば,本件道路上においては,

被告人が自車を走行させた条件の下では,前方を向いている限り,

先行する被害車両を遅くとも衝突の

約9秒前(車間距離としては約150m)からは

認識できる状況にあったにもかかわらず,被告人は,

被害車両の直近に至るまでの8秒程度にわたり,

その存在に気付かないで自車を走行させて追突し,

本件事故を引き起こしたというのである。

 

6 この点について,原判決は,前記のとおり,被告人は,

基本的には前方に視線を向けていたが,アルコールの影響により,

正常な状態であれば当然に認識できるはずの

被害車両の存在を認識できなかったとする。

 

原判決が被告人において基本的に前方に

視線を向けていたと認定するに当たって

依拠した主要な証拠は,本件道路には横断勾配が付されているために,

ハンドルを操作せずに車両を走行させると

自然に左に向かう構造となっており,

直進するためには前方を見ながら進路を修正する必要があり,

長時間の脇見をしながら直進走行することは不可能であるとの

実験結果が記載された報告書等であると解される。

 

しかしながら,この報告書における実験は,

自動車が道路に対して直進状況になった地点から

両手を離してハンドルを操作せずに走行すると,

数秒後に自動車の進路は道路左側へ

自然と移行するとするものであって,

通常では考え難い運転方法を採っているなど,

本件事故時の被告人運転車両の走行状況と

前提条件が同じであるとはいい難い。

 

そして,前方を見ていなかったとしてもハンドルを握っていれば

その操作はある程度可能であると考えられることからすれば,

上記実験は,被告人が脇見をしていた可能性を否定して

基本的に前方に視線を向けていたとするまでの

証拠価値があるとはいえない。

 

このような本件の証拠関係に照らすと,

被告人が本件事故前に8秒程度にわたり終始前方を

見ていなかった可能性も排除できないというべきである。

 

そうすると,被告人が,自車を時速約100㎞で

高速度走行させていたにもかかわらず8秒程度にわたって

被害車両の存在を認識していなかった理由は,

その間終始前方を見ていなかったか,

前方を見ることがあっても

被害車両を認識することができない状態に

あったかのいずれかということになる。

 

認識可能なものが注意力を欠いて

認識できない後者の場合はもちろんのこと,

前者の場合であっても,約8秒間もの長い間,

特段の理由もなく前方を見ないまま高速度走行して

危険な運転を継続したということになり,被告人は,

いずれにしても,正常な状態にある運転者では

通常考え難い異常な状態で自車を走行させていたというほかない。

 

そして,被告人が前記のとおり飲酒のため酩酊状態にあったことなどの

本件証拠関係の下では,被告人は,飲酒酩酊により

上記のような状態にあったと認定するのが相当である。

 

そして,前記のとおりの被告人の本件事故前の飲酒量や

本件前後の被告人の言動等によれば,

被告人は自身が飲酒酩酊により上記のような状態にあったことを

認識していたことも推認できるというべきである。

 

7 刑法208条の2第1項前段の

「アルコールの影響により正常な運転が困難な状態」とは,

アルコールの影響により道路交通の

状況等に応じた運転操作を行うことが

困難な心身の状態をいうと解されるが,

アルコールの影響により前方を注視してそこにある危険を的確に

把握して対処することができない状態も,

これに当たるというべきである。

 

そして,前記検討したところによれば,本件は,

飲酒酩酊状態にあった被告人が直進道路において

高速で普通乗用自動車を運転中,

先行車両の直近に至るまでこれに気付かず追突し,

その衝撃により同車両を橋の上から海中に転落・水没させ,

死傷の結果を発生させた事案であるところ,追突の原因は,

被告人が被害車両に気付くまでの

約8秒間終始前方を見ていなかったか又は

その間前方を見てもこれを認識できない状態にあったかのいずれかであり,

いずれであってもアルコールの影響により前方を注視して

そこにある危険を的確に把握して対処することが

できない状態にあったと認められ,かつ,

被告人にそのことの認識があったことも認められるのであるから,

被告人は,アルコールの影響により

正常な運転が困難な状態で自車を走行させ,

よって人を死傷させたものというべきである。

 

被告人に危険運転致死傷罪の成立を

認めた原判決は,結論において相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク