刑法247条にいう「他人のためにその事務を処理する者」

(平成15年3月18日最高裁)

事件番号  平成11(あ)941

 

最高裁判所の見解

原判決が是認する第1審判決の認定によれば,被告人は,

A株式会社の代表取締役として,B相互会社から

合計1億1800万円の融資を受け,その担保として

同社のために株式を目的とする質権を設定し,

同社に株券を交付していたところ,返済期を過ぎても

融資金を返済せず,A株式会社の利益を図る目的で,

質入れした上記株券を紛失したとの虚偽の理由により

除権判決の申立てをし,同判決を得て上記株券を失効させ,

質権者に財産上の損害を加えたというのである。

 

株式を目的とする質権の設定者は,株券を質権者に交付した後であっても,

融資金の返済があるまでは,当該株式の担保価値を保全すべき任務を負い,

これには,除権判決を得て当該株券を失効させてはならないという

不作為を内容とする任務も当然含まれる。

 

そして,この担保価値保全の任務は,

他人である質権者のために負うものと解される。

 

したがって,質権設定者がその任務に背き,

質入れした株券について虚偽の申立てにより

除権判決を得て株券を失効させ,

質権者に損害を加えた場合には,

背任罪が成立するというべきであるから,

これと同旨の見解の下に,被告人が刑法247条にいう

「他人のためにその事務を処理する者」に当たるとして

背任罪の成立を認めた原判決の判断は,正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク