刑訴法314条1項にいう「心神喪失の状態」の意義

(平成7年2月28日最高裁)

事件番号  平成3(あ)1048

 

最高裁判所の見解

刑訴法三一四条一項にいう「心神喪失の状態」とは、

訴訟能力、すなわち、被告人としての重要な利害を弁別し、

それに従って相当な防御をすることのできる

能力を欠く状態をいうと解するのが相当である。

 

原判決の認定するところによれば、被告人は、

耳も聞こえず、言葉も話せず、手話も会得しておらず、

文字もほとんど分からないため、通訳人の通訳を介しても、

被告人に対して黙秘権を告知することは不可能であり、

また、法廷で行われている各訴訟行為の内容を正確に伝達することも困難で、

被告人自身、現在置かれている立場を理解しているかどうかも

疑問であるというのである。

 

右事実関係によれば、被告人に訴訟能力があることには

疑いがあるといわなければならない。

 

そして、このような場合には、裁判所としては、

同条四項により医師の意見を聴き、必要に応じ、

更にろう(聾)教育の専門家の意見を聴くなどして、

被告人の訴訟能力の有無について審理を尽くし、

訴訟能力がないと認めるときは、

原則として同条一項本文により、

公判手続を停止すべきものと解するのが相当であり、

これと同旨の原判断は、結局において、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク