刑訴法398条,刑訴法400条

(平成19年3月19日最高裁)

事件番号  平成17(あ)2294

 

この裁判は、

控訴審において公訴棄却の第1審判決を

公訴事実どおりの事実が認められるとして破棄して

自判することができるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

本件の公訴事実は,被告人が,道路標識により

その最高速度が50㎞毎時と指定されている道路

(高速自動車国道又は自動車専用道路以外のもの)において,

その最高速度を30㎞毎時超える80㎞毎時の速度で

普通乗用自動車を運転して進行したというものであるところ,

第1審判決が,証拠調べの結果,被告人運転車両の速度が

80㎞毎時以上であったことの証明はなく,

本件は反則者の反則行為に当たるから,

反則金納付通告の手続を経ることなく行われた

本件公訴提起の手続は違法であるとして,

公訴を棄却したのに対し,公訴事実どおりの

最高速度違反の事実が認められるとして第1審判決を破棄した原判決が,

刑訴法398条を適用せず,自判できるとした判断は正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク