刑訴法42条,刑訴法353条,刑訴法355条,刑訴法385条2項,刑訴法386条2項,刑訴法414条

(平成16年10月25日最高裁)

事件番号  平成16(す)616

 

最高裁判所の見解

被告人のため異議の申立てをすることができる者は,

当審における代理人又は弁護人及び被告人の法定代理人又は

保佐人に限られている(刑訴法414条,386条2項,

385条2項,355条,353条)から,

これらに該当しない被告人の補佐人からの本件異議の申立ては,

不適法である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク