刑訴法458条1号

(平成15年6月2日最高裁)

事件番号  平成15(さ)1

 

最高裁判所の見解

原略式命令が認定した各所為は,その態様等に照らすと,

別件略式命令で認定された犯行と同様,

条例5条1項,9条2項に該当するものとみるべきであり,かつ,

別件略式命令の確定する前の犯行であるから,

別件略式命令で認定された犯行とともに

1個の条例5条1項,9条2項の罪を

構成するものであったというべきである。

 

そうすると,既に別件略式命令が上記常習一罪の一部について

有罪の裁判をしており,これが確定していたのであるから,

原裁判所としては,刑訴法463条1項により,

通常の規定に従って審理をした上,同法337条1号により,

判決で免訴の言渡しをすべきであった。

 

したがって,この点を看過し重ねて有罪の裁判をした原略式命令は,

法令に違反し,かつ,被告人のため不利益である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク