刑訴法461条,刑訴法465条1項

(平成16年2月16日最高裁)

事件番号  平成13(あ)456

 

最高裁判所の見解

原判決の認定によれば,検察官は,被告人に前科がないものと誤認し,

第1審判決判示第一(無免許運転)及び

第二(速度超過)の各犯罪事実について,

防府簡易裁判所に対し,科刑意見を付して略式命令を請求し,

その科刑意見どおりに被告人を罰金9万8000円に処する旨の

略式命令が発付されたこと,その後,被告人に累犯前科を含めて

無免許運転を内容とする道路交通法違反の前科が

多数存在する事実が判明するに至ったことから,

検察官は,上記各犯罪事実について懲役刑を求刑するのが相当と判断し,

略式命令発付の翌日に正式裁判を請求したことが認められる。

 

上記事情の下においては,検察官が適正な科刑を

実現するために正式裁判を請求したことは,適法というべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク