刑訴法8条2項による審判の併合請求が認容された事例

(平成18年10月26日最高裁)

事件番号  平成18(す)612

 

最高裁判所の見解

当裁判所は,各事件の内容,

関係人の所在その他諸般の事情にかんがみ,

上記各被告事件は神戸地方裁判所において

併合して審判するのを相当と認める。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク