勾留に関する処分を行う裁判官が職権で移監命令を発することの可否

(平成7年4月12日最高裁)

事件番号  平成7(し)40

 

最高裁判所の見解

勾留に関する処分を行う裁判官は職権により被疑者又は

被告人の勾留場所を変更する旨の移監命令を

発することができるものと解すべきところ、

本件勾留取消し請求は、その請求の趣旨に照らし、

実質は裁判官に右移監命令の職権発動を促すもの

であることが明らかであり、右請求を却下した原原裁判は

右職権を発動しない趣旨でされたものと解されるから、

本件勾留取消し請求却下の裁判に対する不服申立ては

許されないというべきである。

 

したがって、本件準抗告の申立ては不適法であり、

これが適法であることを前提とする本件抗告の申立ても不適法である

(なお、第一回公判期日前にした勾留取消し

請求却下の裁判に対する準抗告申立てについて、

第一回公判期日後にされたことのみを理由として

不適法とした原判断は、是認することができない)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク