勾留期間更新の裁判と刑訴規則6条にいう「訴訟手続」

(平成9年9月16日最高裁)

事件番号  平成9(し)160

 

最高裁判所の見解

本件抗告の趣意のうち、判例違反をいう点は、

所論引用の判例は事案を異にして本件に適切でなく、その余は、

単なる法令違反の主張であって、刑訴法四三三条の抗告理由に当たらない。

なお、勾留期間更新の裁判は刑訴規則六条にいう

「訴訟手続」に含まれないとした原決定の判断は正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク