医師の注意義務を怠った過失

(平成15年11月14日最高裁)

事件番号  平成14(受)592

 

最高裁判所の見解

前記の事実関係によれば,次のことが明らかである。

 

(1) 本件手術は,食道の全摘術であり,その手術内容からすると,

術後のこう頭周囲の浮しゅの状態は,かなり高度のものであったと

推測されるのであり,現に,壬医師は,

平成6年12月18日午前10時50分ころに前記抜管をした後,

こう頭鏡により辛のこう頭の状態を観察し,

こう頭浮しゅ(++)の存在を確認している。

 

(2) 前記抜管の約5分後(午前10時55分ころ)には,

辛の吸気困難な状態が高度になったことを示す胸くう

ドレーンの逆流が生じており,また,そのころ,辛には,

軽度の呼吸困難の訴えや努力性呼吸がみられた上,

上気道の狭さくを示すしわがれ声による発声もあったなど,

辛のこう頭浮しゅの状態が相当程度進行しており,

既に呼吸が相当困難な状態にあって,これが更に進行すれば,

上気道狭さくから閉そくに至ることを

うかがわせるのに十分な兆候があった。

 

(3) 辛が呼吸停止,心停止に至った原因は,

進行性のこう頭浮しゅにより上気道狭さくから

閉そくを起こしたものと推測されるが,

前記の医学的知見によれば,本件手術のような

食道がん根治術の場合,気管内に挿入された管の抜管後に,

このような上気道の閉そく等が発生する危険性が高いとされており,

抜管後においては,患者の呼吸状態を十分に観察して

再挿管等の気道確保の処置に備える必要があり,

特に抜管後1時間は要注意であるとされている。

 

上記の諸点に照らすと,壬医師は,抜管後,

辛の吸気困難な状態が高度になったことを

示す胸くうドレーンの逆流が生じた

上記時点(前同日午前10時55分ころ)において,

辛のこう頭浮しゅの状態が相当程度進行しており,

既に呼吸が相当困難な状態にあることを認識することが可能であり,

これが更に進行すれば,上気道狭さくから閉そくに至り,

呼吸停止,ひいては心停止に至ることも

十分予測することができたものとみるべきであるから,

壬医師には,その時点で,再挿管等の気道確保のための適切な

処置を採るべき注意義務があり,これを怠った過失があるというべきである。

 

なお,前記のとおり,壬医師は,胸くうドレーンの逆流が生じた

上記時点後の同日午前11時ないし午前11時5分ころに辛の観察等をし,

午前11時7,8分ころにその呼吸状態が安定したとの判断をしているが,

そのような状態はわずかな時間継続した一時的なものにすぎず,

辛が,その直後の午前11時10分ころには,

再び呼吸困難な状態に陥り,呼吸停止に至ったことからみて,

こう頭浮しゅによる呼吸困難という

基本的な状況に変化があったものとは考えられない。

 

したがって,このような一時的な状態が存在したことが

上記の判断を左右するものではない。

 

以上によれば,胸くうドレーンの逆流が生じた上記時点において,

壬医師には,再挿管等の気道確保のための適切な処置を採るべき

注意義務を怠った過失があるというべきであり,

これと異なる原審の判断には,

法令の適用を誤った違法があるといわざるを得ず,

この違法は,判決の結論に影響を及ぼすことが明らかである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク