反則金納付を看過してされた略式命令に対する非常上告

(平成15年4月15日最高裁)

事件番号  平成14(さ)3

 

最高裁判所の見解

一件記録によると,被告人は,上記と同一の事実について,

起訴に先立つ平成13年10月13日,交通反則通告書により

反則金を納付すべき旨の通告を受け,

その納付期限内に反則金を納付しなかったことから,

当時少年であったため,熊本家庭裁判所に送致され,

同裁判所裁判官が平成14年2月27日付けでした

反則金の納付指示に基づき,その定められた期限内に

反則金を納付していたが,同年3月26日,同裁判所は,

被告人が成人に達したことを理由として本件を

熊本地方検察庁に送致し,同検察庁から移送を受けた熊本区検察庁が,

同年4月25日,被告人に対し,本件について公訴を提起するとともに,

略式命令を請求したことが認められる。

 

以上によれば,本件については,

道路交通法130条の2第3項,

128条2項により,公訴の提起をすることが許されないのであるから,

刑訴法463条1項,338条4号により

公訴棄却の判決がされるべきであった。

 

これと異なる原略式命令は,法令に違反し,

かつ,被告人のため不利益である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク