収賄,競売入札妨害被告事件

(平成24年10月15日最高裁)

 

この裁判は、

売買代金が時価相当額であったとしても,

土地の売買による換金の利益が賄賂に当たるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

被告人Aは福島県知事であって,

同県が発注する建設工事に関して

上記の権限を有していたものであり,

その実弟である被告人Bが

代表取締役を務めるCにおいて,本件土地を早期に売却し,

売買代金を会社再建の費用等に充てる必要性があったにもかかわらず,

思うようにこれを売却できずにいる状況の中で,

被告人両名が共謀の上,同県が発注した

木戸ダム工事受注の謝礼の趣旨の下に,

Fに本件土地を買い取ってもらい代金の支払を受けたというのであって,

このような事実関係の下においては,

本件土地の売買代金が時価相当額であったとしても,

本件土地の売買による換金の利益は,

被告人Aの職務についての対価性を有するものとして

賄賂に当たると解するのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク