スポンサードリンク

【判例】商標登録の不使用取消審判を請求する法律上の利益がある場合 (平成4年11月20日最高裁)商標登録の不使用取消審判を請求する法律上の利益がある場合

(平成4年11月20日最高裁)

事件番号  平成4(行ツ)125

 

最高裁判所の見解

商標法五〇条(平成三年法律第六五号による改正前のもの)による

商標登録の取消審判は、不使用商標登録の取消しを

求める法律上の利益を有する場合にのみ

請求することができると解されるところ、

請求人が商標登録出願した商標が当該登録商標と類似し、

指定商品も同一又は類似するとして右出願が拒絶され又は

拒絶されるおそれがある場合、あるいは請求人の使用する商標が

当該登録商標と類似し、指定商品も同一又は類似するとして

商標権者等から使用差止め等の請求を受け又は受けるおそれがある場合には、

請求人には当該登録商標につき不使用取消審判請求をする

法律上の利益があるものと解するのが相当である

(ちなみに、請求人が商標登録出願した商標が

当該登録商標と類似するとして右出願が拒絶され、

同人が右査定を争うことなく確定させることと、

当該登録商標につき不使用取消審判を請求することとは、

制度上も何ら矛盾した行為ということはできず、

右査定を確定させたことをもって、直ちに、

同人の当該登録商標につき不使用取消審判を請求する法律上の

利益の有無に消長を来すものではない。)。

 

これを本件についてみるのに、

原審は、(一) 被上告人がした商標登録出願は、

いずれも本件各商標を引用して拒絶された、

(二) 被上告人は、昭和四二年七月一日、

上告人から、被上告人が販売する商品に「B」という商標を使用する行為は、

上告人が登録を受けた本件各商標と連合する商標について

商標権を侵害するものであるとの通告を受けた、

との事実を認定したところ、右事実認定は、

原判決挙示の証拠関係に照らして首肯するに足り、

右事実関係の下において、被上告人に本件各商標につき

不使用取消審判を請求する法律上の利益があるとした原審の判断は、

正当として是認することができる。

 

原判決に所論の違法はない。

論旨は、独自の見解に立って原判決を論難するか、

又は原審の専権に属する証拠の取捨判断、

事実の認定を非難するものにすぎず、採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク