国会議員保釈請求却下特別抗告事件

(平成6年4月18日最高裁)

事件番号  平成6(し)65

 

最高裁判所の見解

本件抗告の趣意のうち、憲法三八条一項違反をいう点は、

原決定は被告人の供述態度を罪証隠滅のおそれの有無、

裁量保釈の可否を判断する一資料として考慮したにとどまり、

被告人が黙秘したこと自体をもって

不利益な扱いをしたものでないことが明らかであるから、

その前提を欠き、憲法五〇条違反をいう点は、

実質は単なる法令違反の主張であって、

刑訴法四三三条の抗告理由に当たらない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク