在監者に対する50日の軽屏禁等の懲罰処分と憲法31条

(平成5年9月10日最高裁)

事件番号  平成3(オ)803

 

最高裁判所の見解

上告人に対する本件各懲罰処分が違法なものといえないとした

原審の認定判断は、原判決挙示の証拠関係に照らし、

正当として是認することができ、その過程に所論の違法はない。

 

本件各懲罰処分が憲法三一条の規定に違反するものでないことは、

最高裁昭和六一年(行ツ)第一一号平成四年七月一日大法廷判決・

民集四六巻五号四三七頁の趣旨に徴して明らかである。

 

また、本件の文書等の閲読を禁止する各懲罰処分が

上告人の刑事被告人としての活動を

妨げるものであったことを前提として、

これが憲法三二条及び三七条の各規定に違反するとする主張は、

訴訟活動のため必要がある場合には上告人の要求に応じて

その処分の執行が停止されていた本件にあっては、

その前提を欠く。その余の違憲の主張は、

その実質は単なる法令違背の主張にすぎず、

原審の判断に違法がないことは、前記のとおりである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク