地方自治法

(平成18年10月26日最高裁)

事件番号  平成17(受)2087

 

この裁判は、

村の発注する公共工事の指名競争入札に長年指名を受けて

継続的に参加していた建設業者を特定年度以降全く指名せず

入札に参加させなかった村の措置につき上記業者が村外業者に当たることを

理由に違法とはいえないとした原審の判断に違法があるとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

(1) 地方自治法234条1項は

「売買,貸借,請負その他の契約は,

一般競争入札,指名競争入札,随意契約又は

せり売りの方法により締結するものとする。」

とし,同条2項は「前項の指名競争入札,

随意契約又はせり売りは,政令で定める場合に該当するときに限り,

これによることができる。」としており,例えば,

指名競争入札については,契約の性質又は目的が

一般競争入札に適しない場合などに限り,

これによることができるものとされている(地方自治法施行令167条)。

 

このような地方自治法等の定めは,

普通地方公共団体の締結する契約については,

その経費が住民の税金で賄われること等にかんがみ,

機会均等の理念に最も適合して公正であり,かつ,

価格の有利性を確保し得るという観点から,

一般競争入札の方法によるべきことを原則とし,

それ以外の方法を例外的なものとして位置付けているものと解することができる。

 

また,公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律は,

公共工事の入札等について,入札の過程の透明性が確保されること,

入札に参加しようとする者の間の公正な競争が促進されること等により

その適正化が図られなければならないとし(3条),

前記のとおり,指名競争入札の参加者の資格についての

公表や参加者を指名する場合の基準を

定めたときの基準の公表を義務付けている。

 

以上のとおり,地方自治法等の法令は,

普通地方公共団体が締結する公共工事等の契約に関する入札につき,

機会均等,公正性,透明性,経済性(価格の有利性)を

確保することを図ろうとしているものということができる。

 

(2) 前記事実関係等によれば,木屋平村においては,

従前から,公共工事の指名競争入札につき,

村内業者では対応できない工事についてのみ村外業者を指名し,

それ以外は村内業者のみを指名するという運用が

行われていたというのである。

 

確かに,地方公共団体が,指名競争入札に

参加させようとする者を指名するに当たり,

① 工事現場等への距離が近く現場に関する知識等を有していることから

契約の確実な履行が期待できることや,

② 地元の経済の活性化にも寄与することなどを考慮し,

地元企業を優先する指名を行うことについては,

その合理性を肯定することができるものの,

①又は②の観点からは村内業者と同様の条件を満たす

村外業者もあり得るのであり,価格の有利性確保

(競争性の低下防止)の観点を考慮すれば,

考慮すべき他の諸事情にかかわらず,およそ村内業者では対応できない

工事以外の工事は村内業者のみを指名するという運用について,

常に合理性があり裁量権の範囲内であるということはできない。

 

また,前記事実関係等によれば,木屋平村では,

平成13年度までは,本件資格審査要綱,

本件指名基準及び本件運用基準は制定されておらず,

本件指名停止等要綱を除いて,

指名に関する基準は明定されていなかった。

 

さらに,平成14年4月以降施行された

上記の本件資格審査要綱等をみても,

本件資格審査要綱において村内業者と村外業者とが

定義上区別されているものの,その外に上記のような村内業者で

対応できる工事の指名競争入札では村内業者のみを指名するという

実際の運用基準は定められておらず,しかも,

村内業者とは,木屋平村の区域内に主たる営業所を

有する業者をいうとされているにとどまり,

主たる営業所あるいは村内業者の要件をどのように判定するのかに関する

客観的で具体的な基準も明らかにされていなかった。

 

このような状況の下における木屋平村の上記のような運用は,

村内業者で対応できる工事はすべて指名競争入札とした上で,

村内業者か否かの判断を適当に行うなどの方法を採ることにより,

し意的運用が可能となるものであって,

公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する

法律の定める公表義務に反し,

同法及び地方自治法の趣旨にも反するものといわざるを得ない。

 

一方,上告人は,昭和60年ころから木屋平村が

発注する公共工事の指名競争入札に継続的に参加し,

工事を受注してきており,木屋平村内の住所ないし

事務所所在地を登記簿上の本店所在地としていた。

 

平成6年3月に,上告人の実質的経営者と

代表者の夫婦が脇町内に住居を構え,

同敷地内に上告人の事務所を設けるなどした後も,

上告人の登記簿上の本店所在地は木屋平村のままであり,

同所には上告人代表者の母でもある監査役が住み,

「有限会社X」の看板を掲げ,そこにある電話の番号を

「X」の名義で電話帳に掲載している。

 

そして,平成10年度までは,木屋平村の指名競争入札において

指名を受けていたというのである。

 

また,平成12年度以降指名をされないでいることについて,

木屋平村から上告人にその理由が

明らかにされていたという事情もうかがわれない。

 

そうすると,上告人は,平成6年の代表者等の転居後も含めて

長年にわたり村内業者として指名及び受注の実績があり,

同年以降も,木屋平村から受注した工事において

施工上の支障を生じさせたこともうかがわれず,

地元企業としての性格を引き続き有していたともいえる。

 

また,村内業者と村外業者の客観的で具体的な判断基準も

明らかではない状況の下では,上告人について,

村内業者か村外業者かの判定も

なお微妙であったということができるし,

仮に形式的には村外業者に当たるとしても,

工事内容その他の条件いかんによっては,

なお村内業者と同様に扱って指名をすることが合理的であった

工事もあり得たものと考えられる。

 

このような上告人につき,上記のような法令の趣旨に反する運用基準の下で,

主たる営業所が村内にないなどの事情から形式的に

村外業者に当たると判断し,そのことのみを理由として,

他の条件いかんにかかわらず,およそ一切の工事につき

平成12年度以降全く上告人を指名せず

指名競争入札に参加させない措置を採ったとすれば,

それは,考慮すべき事項を十分考慮することなく,

一つの考慮要素にとどまる村外業者で

あることのみを重視している点において,

極めて不合理であり,社会通念上著しく

妥当性を欠くものといわざるを得ず,

そのような措置に裁量権の逸脱又は濫用が

あったとまではいえないと判断することはできない。

 

以上によれば,木屋平村における指名についての

前記運用と上告人が村外業者に当たるという判断が

合理的であるとし,そのことのみを理由として,

平成12年度以降上告人を公共工事の指名競争入札において

指名しなかった木屋平村の措置が

違法であるとはいえないとした原審の判断には,

判決に影響を及ぼすことが明らかな法令の違反がある。

 

論旨はこの趣旨をいうものとして理由があり,

原判決のうち同年度以降の指名回避を理由とする

損害賠償請求に関する部分は破棄を免れない。

 

そして,被上告人が上告人を指名しなかった理由として

主張する他の事情の存否,それを含めて考えた場合に指名をしなかった措置に

違法(職務義務違反)があるかどうかなどの点について

更に審理を尽くさせるため,同部分につき

本件を原審に差し戻すのが相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク