執行停止決定に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件

(平成14年2月28日最高裁)

事件番号  平成14(行フ)1

 

 

最高裁判所の見解

記録によれば,抗告人に対しては,

既に退去強制令書が発付されており,

平成13年12月27日以降は,退去強制令書の執行による

収容が行われていることが明らかである。

 

収容令書による収容は,退去強制手続において容疑事実である

退去強制事由に係る審査を円滑に行い,かつ,

最終的に退去強制令書が発付された場合にその執行を

確実にすることを目的として行われるものであるから,

退去強制令書が発付され執行されたときは,その目的を達し,

収容令書は効力を失い,以後は退去強制令書の執行として

収容が行われることになるというべきである。

 

したがって,既に,退去強制令書が発付され,

それが執行されている本件においては,

本件収容令書の執行停止を求める利益は失われ,

本件申立ては不適法となったものといわなければならない。

 

そうすると,その余の点について判断するまでもなく,

本件申立てを却下した原決定は,結論において是認することができる。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク