大阪府公文書公開等条例(昭和59年大阪府条例第2号)8条4号、8条5号

(平成6年2月8日最高裁)

事件番号  平成2(行ツ)149

 

最高裁判所の見解

1 被上告人は、昭和六〇年二月一五日、

大阪府公文書公開等条例(昭和五九年大阪府条例第二号。

以下「本件条例」という。)七条一項に基づき、

本件条例の実施機関である上告人に対し、

昭和五九年一二月に支出した大阪府水道部の会議接待費及び

懇談会費についての公文書の公開(閲覧及び写しの交付)を請求した。

 

ところで、本件条例八条には、同条各号所定の情報が記録されている

公文書は公開しないことができる旨が規定され、

右情報として、法人等に関する情報や事業を

営む個人の当該事業に関する情報であって、

公にすることにより、当該法人等又は

当該個人の競争上の地位その他正当な

利益を害すると認められるもの(一号)、

府の機関等が行う企画、調整等に関する情報であって、

公にすることにより、当該又は同種の事務を公正かつ

適切に行うことに著しい支障を及ぼすおそれのあるもの(四号)、

府の機関等が行う交渉、渉外、争訟等の事務に関する情報であって、

公にすることにより、当該若しくは

同種の事務の目的が達成できなくなり、

又はこれらの事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を

及ぼすおそれのあるもの(五号)が、それぞれ規定されている。

 

そして、上告人は、昭和六〇年三月一日、

右請求に対応する公文書としては、

支出伝票及びこれに添付された債権者請求書と

経費支出伺(以下これらを「本件文書」という。)が

これに当たるとした上、そこに記録されている情報が

右八条一号、四号及び五号に該当するとして、

これを公開しない旨の決定(以下「本件処分」という。)をした。

 

2 本件文書は、昭和五九年一二月中に府水道部が事務ないし

事業の遂行のため外部の飲食店を利用して

行った会議、懇談会(以下「懇談会等」という。)についての

債権者請求書と経費支出伺とが添付された支出伝票であるが、

これらから知ることのできる懇談会等の内容としては、

開催日、会合の概括的な開催目的、

その出席者数及び府側と相手方との

人数内訳、懇談会等が行われた飲食店の名称等、飲食費用の

金額及びその明細並びに右費用の請求及び支払の年月日であり、

ときには右開催目的の欄に出席者の氏名が記録される場合があるものの、

一般的には、懇談会等の出席者の住所、氏名は記録されず、また、

懇談会等における具体的な会談の内容等は本件文書に記録されていない。

 

二 そこで、まず、本件文書に記録されている情報が

本件条例八条一号に該当するか否かを検討すると、

原審は、前記の事実関係の下において、本件文書には

飲食店を経営する業者の営業上の秘密、ノウハウなど

同業者との対抗関係上特に秘匿を要する情報が

記録されているわけではなく、また、府水道部による

利用の事実が公開されたとしても、

特に右業者の社会的評価が低下するなどの不利益を被るとは

認め難いので、本件文書の公開により当該業者の

競争上の地位その他正当な利益を害するとは認められないとして

これを否定しており、この原審の判断は、

正当として是認することができる。

 

三 次に、本件文書に記録されている情報が本件条例八条四号、

五号に該当するか否かを検討する。

 

1 同条四号の趣旨は、府作成の

「大阪府公文書公開等条例の解釈運用基準」等によれば、

府の機関が意思形成過程において行う企画、調整等の

事務(以下「企画調整等事務」という。)に関する情報には、

内部で十分な検討、協議がされていないものや、

精度の点検がされていないものが含まれている場合があり、

これが公開されることにより、府民に誤解や混乱を与えたり、

行政機関内部の自由率直な意見交換が妨げられたりするおそれがあるので、

公開することにより当該又は同種の事務を公正かつ適切に行うことに

著しい支障を及ぼすおそれのあるものは

公開しないことができるとしたものと解される。

 

同条五号の趣旨は、右解釈運用基準等によれば、

府の機関が関係者との間で行う交渉、渉外、争訟等の

事務(以下「交渉等事務」という。)に関する情報には、

合意の成立や紛争の解決に向けて事前折衝等をする過程で

出された提案や、行政機関内部で対応策を検討する過程で

出された種々の意見等が含まれている場合があり、

これが公開されることにより、今後、自由な発言、意見交換等が妨げられ、

ひいては最終的な合意の成立あるいは紛争の解決が

困難になるおそれがあるので、公開することにより、

当該若しくは同種の事務の目的が達成できなくなり、

又はこれらの事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を

及ぼすおそれのあるものは公開しないことができるとしたものと解される。

 

2 ところで、本件文書に記録されている情報は、

府水道部の懇談会等に関するものであるが、

このような懇談会等の形式による事務は、前記のとおり、

単なる儀礼的なものではなく、すべて府水道部の事務ないし

事業の遂行のためにされたものであって、

その内容いかんにより、四号の企画調整等事務ないし

五号の交渉等事務に該当する可能性があることは十分考えられる。

 

しかし、右情報は、前記のとおり、

懇談会等の開催場所、開催日、人数等のいわば

外形的事実に関するものであり、

しかも、そこには懇談の相手方の氏名は

含まれていないのがほとんどである。

 

このような会合の外形的事実に関する情報からは、

通常、当該懇談会等の個別、具体的な開催目的や、

そこで話し合われた事項等の内容が明らかになるものではなく、

この情報が公開されることにより、直ちに、

当該若しくは同種の事務の目的が達成できなくなり、

又はこれらの事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を

及ぼすおそれがあるとは断じ難い。

 

3 もっとも、本件文書において、このように

懇談会等に関する外形的事実しか記録されていなくても、

一般人が通常入手し得る新聞等からの

他の関連情報と照合することにより、

懇談の相手方や懇談の具体的な目的、

内容が分かる場合もあると考えられ、また、

前記のとおり、本件文書の開催目的欄等に懇談会等の相手方が

記録されているものも含まれている。

 

そして、このような懇談会等の中には、

(1) 事業の施行のために必要な事項についての関係者との内密の

協議を目的として行われたもの(例えば、

水道事業のための買収予定地の個々の地権者等に対する事前の

意向打診、個別折衝等を目的とする会合)と、

(2)それ以外の事務を目的として行われたもの

(例えば、府水道部内部や国等の関係行政庁との

単純な事務打合せのための会合)とがあり得るであろう。

 

そのように分けて考えた場合、

(1)の懇談会等に関する本件文書を公開し、

その記録内容等から懇談会等の相手方等が明らかになると、

相手方において、不快、不信の念を抱き、また、

会合の内容等につき様々な憶測等がされることを危惧することも考えられ、

その結果、以後会合への参加を拒否したり、

率直な意見表明を控えたりすることも予想される。

 

そうであれば、このような文書を公開することにより当該又は

同種の事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を

及ぼすおそれがあることは否定できない。

 

しかし、(2)の懇談会等に関する本件文書については、

これを公開しても、右のような不都合な事態が生ずることは考え難い。

 

したがって、このような文書を公開することにより当該又は

同種の事務の公正かつ適切な執行に著しい支障を

及ぼすおそれがあるということはできない。

 

4 そうすると、本件文書を公開することにより

右のようなおそれがあるというためには、

上告人の側で、当該懇談会等が企画調整等事務又は交渉等事務に当たり、

しかも、それが事業の施行のために必要な事項についての

関係者との内密の協議を目的として行われたものであり、かつ、

本件文書に記録された情報について、その記録内容自体から、

あるいは他の関連情報と照合することにより、

懇談会等の相手方等が了知される可能性があることを

主張、立証する必要があるのであって、上告人において、

右に示した各点についての判断を可館とする程度に

具体的な事実を主張、立証しない限り、

本件文書の公開による前記のようなおそれがあると

断ずることはできない筋合いである。

 

ところが、本件において、上告人は、

右の各点について具体的に主張するところがない。

 

5 そうであるとすれば、本件文章のすべてについて

四号、五号該当性を否定した原審の認定判断は、

結論において正当であるというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク