学校教育法11条ただし書にいう体罰

(平成21年4月28日最高裁)

事件番号  平成20(受)981

 

この裁判は、

公立小学校の教員が,女子数人を蹴るなどの

悪ふざけをした2年生の男子を追い掛けて捕まえ,

胸元をつかんで壁に押し当て大声で叱った行為が,

国家賠償法上違法とはいえないとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

事実関係によれば,被上告人は,休み時間に,

だだをこねる他の児童をなだめていたAの背中に

覆いかぶさるようにしてその肩をもむなどしていたが,

通り掛かった女子数人を他の男子と共に蹴るという悪ふざけをした上,

これを注意して職員室に向かおうとしたAのでん部付近を

2回にわたって蹴って逃げ出した。

 

そこで,Aは,被上告人を追い掛けて捕まえ,

その胸元を右手でつかんで壁に押し当て,

大声で「もう,すんなよ。」と

叱った(本件行為)というのである。

 

そうすると,Aの本件行為は,

児童の身体に対する有形力の行使ではあるが,

他人を蹴るという被上告人の一連の悪ふざけについて,

これからはそのような悪ふざけをしないように

被上告人を指導するために行われたものであり,

悪ふざけの罰として被上告人に肉体的苦痛を

与えるために行われたものではないことが明らかである。

 

Aは,自分自身も被上告人による悪ふざけの対象となったことに

立腹して本件行為を行っており,本件行為に

やや穏当を欠くところがなかったとはいえないとしても,

本件行為は,その目的,態様,継続時間等から判断して,

教員が児童に対して行うことが許される

教育的指導の範囲を逸脱するものではなく,

学校教育法11条ただし書にいう体罰に

該当するものではないというべきである。

 

したがって,Aのした本件行為に違法性は認められない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク