宇都宮宝石店放火強盗殺人事件

(平成19年2月20日最高裁)

事件番号  平成15(あ)1120

 

本件は,女性従業員ばかりの高級宝飾品店をねらい,

従業員らを殺害して高額な宝飾品を強取することを企て,

ガソリンを店舗内に散布した上で放火し,

宇都宮市内の繁華街にある店を全焼させて従業員6名を

火傷死ないし焼死により殺害するとともに,

1億4000万円強の宝飾品を強取したという

強盗殺人,現住建造物等放火の事案である。

 

人を殺してでも一挙に大金を獲得しようと周到に準備し,

計画どおりの犯行に及んだ本件の経緯や動機は,

利欲目的が強い誠に自己中心的なもので,酌量の余地は全くない。

 

従業員全員の手足を縛り,目隠しまでした上で

店内奥の休憩室に押し込め,その出入口付近などに

用意したガソリンをまき散らしてライターで点火し,

現場を火の海にして店もろとも

焼き殺した殺害の態様に至っては,

強固な殺意の下にガソリンによる放火という手段を選択,

実行したもので,冷酷かつ残虐極まりない。

 

何の落ち度もない6名の生命を奪うなどした結果は極めて重大であり,

最愛の母,妻,あるいは娘を突然奪われた

遺族らの処罰感情は非常に厳しい。

 

凶悪な本件犯行が社会に及ぼした影響も甚大である。

 

以上のような犯情に照らすと,被告人の刑事責任は極めて重大であり,

被告人のために酌むべき情状を考慮しても,

原判決が維持した第1審判決の死刑の科刑は,

当裁判所もこれを是認せざるを得ない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク