定額郵便貯金債権が遺産に属することの確認を求める訴えの確認の利益

(平成22年10月8日最高裁)

事件番号  平成21(受)565

 

この裁判では、

定額郵便貯金債権が遺産に属することの確認を求める訴えの

確認の利益について裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

郵便貯金法は,定額郵便貯金につき,一定の据置期間を定め,

分割払戻しをしないとの条件で一定の金額を

一時に預入するものと定め(7条1項3号),

預入金額も一定の金額に限定している(同条2項,郵便貯金規則83条の11)。

 

同法が定額郵便貯金を上記のような制限の下に

預け入れられる貯金として定める趣旨は,

多数の預金者を対象とした大量の事務処理を迅速かつ

画一的に処理する必要上,預入金額を一定額に限定し,

貯金の管理を容易にして,定額郵便貯金に係る

事務の定型化,簡素化を図ることにある。

 

ところが,定額郵便貯金債権が相続により分割されると解すると,

それに応じた利子を含めた債権額の計算が必要になる事態を生じかねず,

定額郵便貯金に係る事務の定型化,簡素化を図るという趣旨に反する。

 

他方,同債権が相続により分割されると解したとしても,

同債権には上記条件が付されている以上,

共同相続人は共同して全額の払戻しを求めざるを得ず,

単独でこれを行使する余地はないのであるから,

そのように解する意義は乏しい。

 

これらの点にかんがみれば,

同法は同債権の分割を許容するものではなく,

同債権は,その預金者が死亡したからといって,

相続開始と同時に当然に相続分に応じて

分割されることはないものというべきである。

 

そうであれば,同債権の最終的な帰属は,

遺産分割の手続において決せられるべきことになるのであるから,

遺産分割の前提問題として,民事訴訟の手続において,

同債権が遺産に属するか否かを

決する必要性も認められるというべきである。

 

そうすると,共同相続人間において,

定額郵便貯金債権が現に被相続人の遺産に

属することの確認を求める訴えについては,

その帰属に争いがある限り,

確認の利益があるというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク