少年法17条1項2号の観護の措置

(平成5年11月24日最高裁)

事件番号  平成5(し)96

 

最高裁判所の見解

少年法一七条一項に定める観護の措置は

審判を行うためのものであることに照らすと、

家庭裁判所は、抗告裁判所から差戻しを受けた事件が

先に同項二号の観護の措置が採られたものであったとしても、

右事件については、更に審判をしなければならないのであるから、

その審判を行うため必要があるときは、

同条一項に基づき、同項二号の観護の措置を改めて採ることができ、

その場合の少年鑑別所に収容する期間は

先に採られた観護の措置の残りの

収容期間に限られないと解するのが相当であり、

これと同旨の原決定は、正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク