岐阜中津川家族殺害事件

(平成24年12月3日最高裁)

事件番号  平成22(あ)402

 

最高裁判所の見解

本件は,被告人が,同居していた実母において,

被告人の妻を長年にわたり泥棒呼ばわりをし,

常軌を逸した嫌がらせをするなどしていじめ続けたことから,

これを自分に対する嫌がらせでもあると考え,

更に貯金の預け替えを勧めた郵便局長をも泥棒呼ばわりするに至って,

これ以上実母と同居することは耐えられないなどと思い詰め,

実母を殺害して自殺しようと決意し,さらに,

同居の長男,近くに住む長女夫婦及びその幼い子二人についても,

殺人犯の家族という汚名を着せられて生きていくのは耐えられないだろうし,

不びんであるなどと考えて,

同人らをも殺害しようと決意し,平成17年2月27日,

(1) 被告人宅において,

自室で就寝中の長男(当時33歳)の頸部にネクタイを巻き付けて,

同人が目を覚ました後も強く絞め付け,窒息死させて殺害し,

続けて,自室で就寝中の実母(当時85歳)の

頸部にネクタイを巻き付けて,

同人が目を覚ました後も強く絞め付け,窒息死させて殺害し,

(2) その後,長女宅を訪れ,長女を,

その子らと共に被告人宅に連れてきた上で,

長女(当時30歳)の頸部に背後からネクタイを巻き付けて強く絞め付け,

窒息死させて殺害し,続けて,長女の息子(当時2歳)の頸部にネクタイを

巻き付けて強く絞め付け,窒息死させて殺害し,

長女の娘(当時生後20日)の鼻口を左手で押さえた上,

頸部を右手で圧迫し,窒息死させて殺害し,

(3) その後,だまして被告人宅に連れてきた長女の夫に対し,

所携の包丁でその腹部を1回突き刺すなどしたが,

殺害の目的を遂げなかったという殺人5件,殺人未遂1件の事案である。

 

上記のような理由で実母殺害を決意したことは,短絡的であるし,

その他の被害者らについては,被告人の自殺の道連れにされるべき事情は

何もなかったのであり,被告人が同被害者らを殺害し,

あるいは殺害しようとしたことは,極めて独善的で,

理不尽極まるものである。また,(1)及び(2)の各殺人は,

いずれも,強固な殺意に基づく,残忍かつ非情な態様のものであり,

(3)の殺人未遂も,強い殺意に基づくものである。

 

さらに,被告人は,本件の約1か月前頃から,悩みながらも,

一連の犯行の手順を何度も思い描き,概ねその手順通りに実行したものであり,

本件は相当に計画的な犯行である。

 

5名の殺害という結果は,誠に重大であり,

妻子を一度に奪われ,自身も被害に遭った長女の夫やその母親は,

原審段階において厳しい処罰を求めている。

地域社会に与えた衝撃,影響も大きいものがある。

 

以上,被告人の罪責は誠に重大であり,本件は,

被告人に対して死刑を選択することも

十分考慮しなければならない事案というべきである。

 

しかしながら,実母殺害の動機については,

上記のような実母の言動によって被告人が苦悩し,

追い詰められた心理状態に至ったという経緯を踏まえると,

理解できないわけではない。

 

また,被告人は,(3)の犯行の直後に,

包丁で自己の頸部を数回突き刺して自殺を図っているところ,

子や孫らの殺害は,実母を殺害した上で自殺しようとするに当たり,

道連れにした方が子や孫らにとって良かれと思い込んで実行したものであり,

理不尽としかいいようがないけれども,

その心情は量刑上全く斟酌の余地がないものではない。

 

遺族らのうち,被告人以外では実母の唯一の近親者である被告人の弟や,

その他の殺害された被害者4名の母親ないし祖母である被告人の妻は,

死刑の回避を望んでおり,長女の夫も,第1審段階では必ずしも

死刑を望まない旨の意思を表明していたという事情もある。

 

加えて,被告人は,本件各犯行を反省悔悟しており,

57歳に至るまで真面目に働いて

社会生活を送ってきたものであって,

もとより前科前歴はなく,再犯のおそれは考え難い。

 

これらの点も考慮すると,

被告人を極刑に処するほかないものとは断定し難く,

被告人を無期懲役に処した第1審判決を維持した原判決について,

その刑の量定が甚だしく不当でこれを破棄しなければ

著しく正義に反するとまでは認められない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク