建物の区分所有等に関する法律2条4項,建物の区分所有等に関する法律11条1項

(平成12年3月21日最高裁)

事件番号  平成9(オ)1927

 

最高裁判所の見解

1 本件建物のa号室の台所、洗面所、風呂、便所から出る汚水については、

同室の床下にあるいわゆる躯体部分であるコンクリートスラブを

貫通してその階下にあるb号室の天井裏に配された枝管を通じて、

共用部分である本管(縦管)に流される構造となっているところ、

本件排水管は、右枝管のうち、右コンクリートスラブと

b号室の天井板との間の空間に配された部分である。

 

2 本件排水管には、本管に合流する直前でc号室の便所から

出る汚水を流す枝管が接続されており、

a号室及びc号室以外の部屋からの汚水は流れ込んでいない。

 

3 本件排水管は、右コンクリートスラブの下にあるため、

a号室及びc号室から本件排水管の点検、修理を行うことは不可能であり、

b号室からその天井板の裏に入ってこれを実施するほか方法はない。

 

右事実関係の下においては、本件排水管は、

その構造及び設置場所に照らし、建物の区分所有等に関する

法律二条四項にいう専有部分に属しない建物の附属物に当たり、かつ、

区分所有者全員の共用部分に当たると解するのが相当である。

 

これと同旨の原審の判断は正当として是認することができ、

原判決に所論の違法はない。論旨は採用することができない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク