弁護士法72条違反

(平成22年7月20日最高裁)

事件番号  平成21(あ)1946

 

この裁判は、

弁護士資格等がない者らが,ビルの所有者から委託を受けて,

そのビルの賃借人らと交渉して賃貸借契約を合意解除した上で

各室を明け渡させるなどの業務を行った行為について,

弁護士法72条違反の罪が成立するとされた事例です。

 

最高裁判所の見解

被告人らは,多数の賃借人が存在する本件ビルを解体するため

全賃借人の立ち退きの実現を図るという業務を,

報酬と立ち退き料等の経費を割合を明示することなく

一括して受領し受託したものであるところ,

このような業務は,賃貸借契約期間中で,

現にそれぞれの業務を行っており,

立ち退く意向を有していなかった賃借人らに対し,

専ら賃貸人側の都合で,同契約の合意解除と明渡しの実現を図るべく

交渉するというものであって,立ち退き合意の成否,

立ち退きの時期,立ち退き料の額をめぐって交渉において

解決しなければならない法的紛議が生ずることが

ほぼ不可避である案件に係るものであったことは明らかであり,

弁護士法72条にいう「その他一般の法律事件」

に関するものであったというべきである。

 

そして,被告人らは,報酬を得る目的で,業として,

上記のような事件に関し,賃借人らとの間に生ずる

法的紛議を解決するための法律事務の委託を受けて,

前記のように賃借人らに不安や不快感を与えるような振る舞いもしながら,

これを取り扱ったのであり,被告人らの行為につき

弁護士法72条違反の罪の成立を認めた原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク