スポンサードリンク

【判例】強制採尿手続の違法性 (平成3年7月16日最高裁)強制採尿手続の違法性

(平成3年7月16日最高裁)

事件番号  平成3(あ)305

 

最高裁判所の見解

記録によれば、被告人は、錯乱状態に陥っていて

任意の尿の提出が期待できない状況に

あったものと認められるのであって、

本件被疑事実の重大性、嫌疑の存在、

当該証拠の重要性とその取得の必要性、

適当な代替手段の不存在等の事情に照らせば、

本件強制採尿は、犯罪の捜査上真に

やむを得ない場合に実施されたものということができるから、

右手続に違法はないとした原判断は正当である

(最高裁昭和五四年(あ)第四二九号同五五年一〇月二三日

第一小法廷決定・刑集三四巻五号三〇〇頁参照)。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク