強盗の共同正犯

(平成13年10月25日最高裁)

事件番号  平成12(あ)1859

 

最高裁判所の見解

スナックのホステスであった被告人は,生活費に窮したため,

同スナックの経営者C子から金品を強取しようと企て,

自宅にいた長男B(当時12歳10か月,中学1年生)に対し,

「ママのところに行ってお金をとってきて。映画でやっているように,

金だ,とか言って,モデルガンを見せなさい。」などと申し向け,

覆面をしエアーガンを突き付けて脅迫するなどの方法により

同女から金品を奪い取ってくるよう指示命令した。

 

Bは嫌がっていたが,被告人は,

「大丈夫。お前は,体も大きいから子供には見えないよ。」

などと言って説得し,犯行に使用するためあらかじめ

用意した覆面用のビニール袋,エアーガン等を交付した。

 

これを承諾したBは,上記エアーガン等を携えて

一人で同スナックに赴いた上,上記ビニール袋で覆面をして,

被告人から指示された方法により同女を脅迫したほか,

自己の判断により,同スナック出入口のシャッターを下ろしたり,

「トイレに入れ。殺さないから入れ。」などと申し向けて脅迫し,

同スナック内のトイレに閉じ込めたりするなどして

その反抗を抑圧し,同女所有に係る現金約40万1000円及び

ショルダーバッグ1個等を強取した。

 

被告人は,自宅に戻って来たBからそれらを受け取り,

現金を生活費等に費消した。

 

上記認定事実によれば,本件当時Bには是非弁別の能力があり,

被告人の指示命令はBの意思を抑圧するに足る程度のものではなく,

Bは自らの意思により本件強盗の実行を決意した上,

臨機応変に対処して本件強盗を完遂したことなどが明らかである。

 

これらの事情に照らすと,所論のように被告人につき

本件強盗の間接正犯が成立するものとは,認められない。

 

そして,被告人は,生活費欲しさから本件強盗を計画し,

Bに対し犯行方法を教示するとともに犯行道具を与えるなどして

本件強盗の実行を指示命令した上,Bが奪ってきた金品を

すべて自ら領得したことなどからすると,

被告人については本件強盗の教唆犯ではなく

共同正犯が成立するものと認められる。

 

したがって,これと同旨の第1審判決を

維持した原判決の判断は,正当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク