戸籍法施行規則60条に定める文字以外の文字である「曽」の字を子の名に用いることの可否

(平成15年12月25日最高裁)

事件番号  平成15(許)37

 

最高裁判所の見解

戸籍法(以下「法」という。)50条1項が子の名には

常用平易な文字を用いなければならないとしているのは,

従来,子の名に用いられる漢字には極めて複雑かつ難解なものが多く,

そのため命名された本人や関係者に,社会生活上,

多大の不便や支障を生じさせたことから,

子の名に用いられるべき文字を常用平易な文字に制限し,

これを簡明ならしめることを目的とするものと解される。

 

法50条2項は,常用平易な文字の範囲は

法務省令でこれを定めると規定し,

施行規則60条が法50条2項の常用平易な文字の範囲を定めている。

 

同項による委任の趣旨は,当該文字が常用平易な文字であるか否かは,

社会通念に基づいて判断されるべきものであるが,

その範囲は,必ずしも一義的に明らかではなく,

時代の推移,国民意識の変化等の事情によっても変わり得るものであり,

専門的な観点からの検討を必要とする上,

上記の事情の変化に適切に対応する必要があることなどから,

その範囲の確定を法務省令にゆだねたものである。

 

施行規則60条は,上記委任に基づき,

常用平易な文字を限定列挙したものと解すべきであるが,

法50条2項は,子の名には常用平易な文字を用いなければならないとの

同条1項による制限の具体化を施行規則60条に委任したものであるから,

同条が,社会通念上,常用平易であることが明らかな

文字を子の名に用いることのできる文字として定めなかった場合には,

法50条1項が許容していない文字使用の範囲の制限を加えたことになり,

その限りにおいて,施行規則60条は,

法による委任の趣旨を逸脱するものとして違法,無効と解すべきである。

 

そして,法50条1項は,単に,子の名に用いることのできる文字を

常用平易な文字に限定する趣旨にとどまらず,

常用平易な文字は子の名に用いることができる旨を

定めたものというべきであるから,

上記の場合には,戸籍事務管掌者は,

当該文字が施行規則60条に定める

文字以外の文字であることを理由として,

当該文字を用いて子の名を記載した出生届を

受理しないことは許されないというべきである。

 

裁判所が,以上の点について審査し,

決定する権限を有することはいうまでもないところである。

 

そうすると,市町村長が施行規則60条に定める

文字以外の文字を用いて子の名を記載したことを理由として

出生届の不受理処分をし,これに対し,

届出人が家庭裁判所に不服を申し立てた場合において,

家庭裁判所及びその抗告裁判所は,審判,決定手続に

提出された資料,公知の事実等に照らし,

当該文字が社会通念上明らかに常用平易な文字と認められるときには,

当該市町村長に対し,当該出生届の受理を

命ずることができるというべきである。

 

上記の見地に立って本件をみるに,

「曽」の字が古くから用いられており,

平仮名の「そ」や片仮名の「ソ」は,

いずれも「曽」の字から生まれたものであること,

「曽」の字を構成要素とする常用漢字が5字もあり,

いずれも常用平易な文字として施行規則60条に定められていること,

「曽」の字を使う氏や地名が多く,国民に広く知られていることなど

原審の判示した諸点にかんがみると,「曽」の字は,

社会通念上明らかに常用平易な文字であるとした原審の判断は相当である。

 

以上によれば,これと同旨の見解に基づき,抗告人に対し,

相手方が子の名を「曽○」と記載して提出した

出生届の追完届の受理を命じた原審の判断は

正当として是認することができる。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク