捜査機関が収集し保管している証拠を証拠保全手続の対象とすることの可否

(平成17年11月25日最高裁)

事件番号  平成17(し)380

 

最高裁判所の見解

捜査機関が収集し保管している証拠については,

特段の事情が存しない限り,

刑訴法179条の証拠保全手続の対象にならないものと解すべきであるから,

これと同旨の原判断は相当である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク