接見等禁止解除の申立て

(平成7年3月6日最高裁)

事件番号  平成7(し)33

 

最高裁判所の見解

本件各接見等禁止の解除の申立ては、

裁判官の職権発動を促す趣旨のものにすぎず、

職権を発動しない旨の措置に対し不服申立てをすることは許されないから、

本件各抗告は不適法である。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク