横浜一家3人殺害事件

(平成19年11月15日最高裁)

事件番号  平成17(あ)1319

 

最高裁判所の見解

本件は,被告人が,離婚を決意して実家に戻っていた妻の浮気を疑い,

執着していた妻に裏切られたことに対する怒りから,

妻を実家から無理やり連れ出して

その男性関係を白状させることなどを企て,

その実行方法を計画する中で,

実家で同居中であった妻の息子や両親が騒ぐなどして

邪魔をする場合には同人らを殺害するのもやむを得ないと考え,

刃体の長さ約16.2㎝のアタックナイフ及び

同約46㎝の刃物であるニンジャソード,手錠,

ガラス切り等の道具を購入するなどの準備をし,

深夜,計画どおり妻の実家のマンションに忍び込み,

妻を無理やり連れ出そうとしたが,その際,

上記息子及び両親が異変に気付いて目を覚まして起きてきたため,

同人らを殺害することを決意し,用意していた

上記アタックナイフで同人ら3名の胸部,腹部等を

多数回突き刺して殺害したという殺人及び

その際の住居侵入,銃砲刀剣類所持等取締法違反のほか,

これに引き続いて犯した妻に対する逮捕監禁致傷及び

逃走中の窃盗並びに上記殺人事件以前に

妻に対して犯していた逮捕監禁,傷害の事案である。

 

殺人の犯行は,妻を連れ出すことの邪魔になるというだけの理由によって,

全く落ち度のない3名を殺害したという極めて身勝手なものであって,

動機や経緯に酌量の余地はない。

 

かつては自己の養子でもあったいまだ12歳の少年を含む

3名の生命を奪ったという結果は極めて重大であり,

背中を向け,あるいは後ずさりして逃げようとする被害者らを

次々に鋭利な刃物で多数回突き刺し,いずれもその場で

失血死させたという犯行態様の残虐性や,

計画性などにも照らすと,誠に悪質な犯行といわざるを得ない。

 

これらに加え,被告人が,上記殺害行為の後,

現場から妻を連れ出して自動車に監禁し,

その後4日間にわたり逃走を続けたこと,

事件後に離婚した妻を含む遺族の被害感情が厳しいこと,

社会に与えた影響も看過し難いものがあることにも照らすと,

被告人が逮捕後は反省の態度を示していること,

前科がないことなど,被告人のために酌むべき情状を十分考慮しても,

原判決が維持した第1審判決の死刑の科刑は,

やむを得ないものとして当裁判所もこれを是認せざるを得ない。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク