民法704条の「悪意の受益者」

(平成19年7月13日最高裁)

事件番号  平成17(受)1970

 

この裁判では、

民法704条の「悪意の受益者」について

裁判所が見解を示しました。

 

最高裁判所の見解

貸金業者が制限超過部分を利息の債務の弁済として受領したが,

その受領につき貸金業法43条1項の適用が認められない場合には,

当該貸金業者は,同項の適用があるとの認識を有しており,かつ,

そのような認識を有するに至ったことについて

やむを得ないといえる特段の事情があるときでない限り,

法律上の原因がないことを知りながら過払金を取得した者,

すなわち民法704条の「悪意の受益者」であると

推定されるものというべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク