法定刑超過による非常上告

(平成21年7月14日最高裁)

事件番号  平成21(さ)1

 

最高裁判所の見解

名瀬簡易裁判所は,平成20年9月12日,

「被告人は,平成20年7月10日午前1時20分ころ,

普通乗用自動車(軽四)を運転中,

鹿児島県奄美市a大字bc番地dから

西南西方向約600m先路上において,

居眠り運転等のため運転操作を誤り,

自車を走行車線上に横転させて

大破させるなどの交通事故を起こしたのに,

同状態のまま自車を放置して逃走し,もって,

同道路上における危険を防止する等必要な措置を講じなかったとともに,

その事故発生の日時及び場所等法律に定める事項を,

直ちに最寄りの警察署の警察官に報告しなかったものである。」

との事実を認定した上,

(1) 道路交通法117条の5第1号,72条1項前段,

(2) 同法119条1項10号,72条1項後段,

(3) 刑法54条1項前段その他の関係法令を適用し,

被告人を罰金15万円に処する旨の略式命令を発し,

この命令は同年9月30日確定した。

 

しかし,上記(1)の罪の法定刑は

「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」,

上記(2)の罪のそれは

「3月以下の懲役又は5万円以下の罰金」であるところ,

原略式命令が被告人の所為は1個の行為が2個以上の罪名に

触れる場合に当たるものとしたのは正当であり,

本件については,重い上記(1)の罪の刑で処断すべきものとして,

罰金刑を選択した場合には,その処断刑の多額は10万円である。

 

したがって,これを超過して

被告人を罰金15万円に処した原略式命令は,

法令に違反し,かつ,被告人のため不利益である。

 

よって,刑訴法458条1号により,原略式命令を破棄し,

被告事件について更に判決することとする。

 

原略式命令の確定した事実に法令を適用すると,

被告人の所為のうち,危険防止措置義務違反の点は

道路交通法117条の5第1号,72条1項前段に,

報告義務違反の点は同法119条1項10号,

72条1項後段にそれぞれ該当するところ,

これは1個の行為が2個の罪名に触れる場合であるから,

刑法54条1項,10条により1罪として

重い危険防止措置義務違反の罪の刑で処断することとし,

所定刑中罰金刑を選択し,

その金額の範囲内で被告人を罰金10万円に処し,

この罰金を完納することができないときは,

同法18条により金5000円を1日に換算した

期間被告人を労役場に留置することとし,

裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク