法律上の争訟

(平成6年6月21日最高裁)

事件番号  平成4(オ)111

 

最高裁判所の見解

原審が適法に確定した事実関係の下においては、

上告人の町議会が、議員である被上告人に対し、

被上告人が上告人所有の土地を不法に占拠しているとして

議員辞職勧告決議等をしたことが、

被上告人に対する名誉き損に当たるとしてされた

本件の国家賠償請求は、裁判所法三条一項にいう

「法律上の争訟」に当たり、右決議等が

違法であるか否かについて

裁判所の審判権が及ぶものと解すべきである。

 

・全文はこちら(裁判所ホームページの本裁判のページ)

判例をわかりやすく解説コーナー


スポンサードリンク